大電流対応、小型化、低損出、高効率…。高機能パソコンに対応し、進化したインダクタ。
Advantage1 金属のコアで、直流重畳特性を発揮 詳しくはこちら Advantage2 軽負荷でのコアロスを軽減し、優れた電源効率を実現 詳しくはこちら
Lineup CPU系用途とロジック系用途、選べる2シリーズを用意
トーキンのメタルコンポジット・インダクタは用途にあわせ、MPC/MPC-GシリーズとMPLC/MPLC-Gシリーズをご用意しています。MPC/MPC-Gシリーズは、大電流対応で、動作周波数が高いCPU周辺に最適です。材料の選定や、銅線の形状を平角線にすることで、他に類を見ない低ロス性能を達成。直流重畳特性も、非常に優れています。
また、最近では、CPU周辺だけでなくロジック回路にも高効率の部品が求められていますが、その用途向けに開発されたのが、MPLC/MPLC-Gシリーズです。銅線の形状を丸線にすることで、高いインダクタンスを必要とする用途に対応。小形化が容易で、高効率、直流重畳性能にも優れ、うなり音も出さない、という性能ももっています。
MPC/MPC-GシリーズPDFダウンロード MPLC/MPLC-GシリーズPDFダウンロード
 
Applications 高機能パソコンはもちろん、デジタル家電へ。第3世代携帯電話へ
回路内を大電流が流れる高性能のノートパソコンや多機能のAVパソコンでは、メタルコンポジット・インダクタは独壇場の働きをします。このようなパソコンの設計には、いまや不可欠の部品となり、弊社のメタルコンポジット・インダクタは高い性能と信頼性が評価され、CPUメーカーの推奨部品として、多くのパソコンの電源回路に組み込まれています。
また、パソコンに匹敵する高機能・多機能が要求される、次世代DVDや次世代コンシューマー・ゲーム、大型液晶テレビやプラズマ・ディスプレイテレビ、デジタルTVなどの分野、そしてサーバー用の分散電源にも、幅広く採用されています。
さらに、動画撮影や高精細ディスプレイ、GPSやワンセグ機能なども装備するなど、さらなる高機能・多機能化に向け進化を続ける携帯電話にも、このメタルコンポジット・インダクタは大きなチカラを発揮します。
Needs 大電流化と小型化、2つの課題を抱えていたパソコン電源
ユビキタス社会の進展とともに、加速度を増しながら進化するパソコン。地上波デジタルTVやDVD鑑賞、映像編集など、高性能化・多機能化が、デスクトップパソコンだけでなく、ノートパソコンにまで要求されるようになってきました。パソコンの筐体はコンパクトに軽量にしながら、高性能化・多機能化を進め、他社との差別化を図りたい…。ところが、そのためにネックになっていたのが、電源周り、特にインダクタ(パワーインダクタ)でした。
最近、CPUなどの主要部品は消費電力を抑えるため低消費電力化が進められていますが、一方、高性能化・多機能化に伴い消費電力も多くなり、必要とされる電流も多くなっています。特に、ノートパソコンなどは薄型化、軽量化への要求が強くなっているので、インダクタも電流増加しながら部品サイズも小さくしなければならない、という困難な課題に直面していました。
ところが、フェライト製の磁気コアに銅線を巻きつけた従来品では、電流が流れると磁気コアに磁束が生じ、この限界を超えるとパワーロスし熱を発生させ、本来の機能が損なわれます。つまり、大電流化すると、インダクタも大型化せざるをえないという宿命があったのです。
Outline 画期的な性能をもつ新世代デカップリングデバイス
この課題に応えたのが、トーキンが開発したメタルコンポジット・インダクタです。
このインダクタでは、磁気コアの素材にフェライトの替わりに、伝統あるセンダストコアの製造方法を応用した高効率材料粉末による金属のコアを採用しています。金属ならではの高い飽和磁束密度(*)をもっているので、ロスを少なくし多くの磁束をつくることが可能になりました。つまり、メタルコンポジット・インダクタなら、小型のまま多くの電流を流しても、従来通りの性能を発揮することができるのです。トーキンならではの独自の素材技術を生かした、この金属コアにより、フェライトコアの従来品と同じ性能をほぼ半分の体積で製造することが可能になりました。
また、コアの厚みを薄くしそのぶん銅線を太くできるので、電気抵抗を抑えロスを大幅に減少させ、熱発生の少ないインダクタの製造も可能になりました。その上、フェライト製のバルクコアで組み立てたインダクタでは、構造的にうなり音を発生しやすいという難点がありましたが、メタルコンポジット・インダクタは金属粉末材料を一体成形してつくるため、このような磁気騒音を発生しにくい構造になっています。
 
*飽和磁束密度:ある物質の磁化の強さがそれ以上大きくならない限界の磁束密度
Advantage Lineup Applications カタログ お問い合わせ